春夏秋冬

| 2017.04.17 Monday

起伏のある近くの公園
桜の頃は、ついつられて通り抜ける。 



 

坂道をゆっくり歩いていると、向こうから同じようにゆっくりご婦人が歩いてみえた。
きっとこの方も桜を楽しんでみえるのだろうな・・・
すれ違う ・・・というよりもゆっくり重なった。

「こんにちは。」
「こんにちは。」
「今年は桜が長く見られましたね。」 

優しい笑顔と会話に包まれる。
きっと桜がお好きなのだろうな・・・。
「桜がお好きですか?」
すると、光る笑顔で「春夏秋冬、この公園が大好きなんです。」と。
「春も夏も秋も冬も、どの季節もとても素敵なんですよ。」と。
桜一色だった私には、思いがけないことだった。


確かに落ち葉がまだ積もっているところもある。
ここには秋や冬の気配が残る。





若葉がぐんぐん伸びている桜
光る新緑
次の季節へと向かう・・・






春夏秋冬
それぞれの季節
それぞれの楽しみ
この公園で、またお逢いできると嬉しいな・・・


うつろう色

| 2017.04.05 Wednesday

八重咲きのチューリップ
時がたち・・・大きく花開き、ゆるやかにたれ下がる。
花びらが1枚、ぽとりと落ちていた。





色あせて、薄くなった花びら
それはとてもきれいだった。
真珠のような、シルクのような・・・
うつりゆく色





友人と桜並木を歩く。
よく咲いている木
まだまだ蕾の木
同じ木の中にも、よく咲いている枝
つぼみの枝
「日当たりの違いなのかな。」
「すぐ隣なのに不思議だね。」

こんなふうに咲く前の桜をじっくりみるのもまた新鮮
つぼみ、ふくらんで、今にも咲きそうな花、開いた花
しだいに色ずくその様子
「イメージの桜色は、咲く前の色に近いかも。」
「開いた桜は、白に近いんだね。」
花を見つめながら、こぼれるような会話が続く。





桜色のグラデーション
うつろう色
桜色に染まる時

 

さくらの向こう

| 2017.03.31 Friday

ちらほらと咲き始めた桜
優しい桜色、かけがえのない花

毎年、一枝二枝 求めている小さな桜の切り花
今年はその枝をたくさん頂いた。
日に日に花開き、今まさに満開に。
今年は部屋の中で、ひと足早いお花見のよう。





栗太郎作品の中にある小さなお花見作品
桜とお花見団子
桜の頃にいつも浮かべる。
祖母との想い出の作品
「縁側」 






縁側で祖母とよく話をした。
いつもたわいもない話
今日の出来事、嬉しかった事、咲いている花、おいしい食べ物・・・・などなど。
あっという間に過ぎる時間
懐かしく幸せな時


婚約指輪をもらった時、輝くダイヤが嬉しくて縁側で祖母に見せたことがある。
「おばあさん、キラキラしてすごくきれいでしょう!!」と。
祖母はゆっくり笑ってこう言った。
「おばあさんも毎日見てるよ。」と。
そうか、おばあさんもダイヤの指輪持っているんだ・・・。
そう思った。





「朝露が朝日に光ってキラキラとダイヤモンドのようで、おばあさんはいつも見ているんだよ。」と。


この時、桜の季節ではなかったと思う。
それでも桜を見ながらいつも思い出す。 
小さな小さな縁側で、世界は大きく広がっていた・・・・・・

 

<< 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >> 70ページ中8ページ目