栗の木の下で 記:栗太郎

| 2018.09.09 Sunday

9月
それは僕の季節 

友達の栗きんとん君や、栗まんじゅう君もこれから忙しいって言っていた。
僕もこの秋は忙しくなりそうだ。
なんといっても「栗太郎展」っていう僕の展示があるんだよ。

最近、美紀さんはよく僕を連れて出かける。
しばらく放っておいたくせに、調子がいいんだから。

今日は仕事の打合せに連れられて行った。
仕事を終えてその近くに栗畑があると聞き、美紀さんは大喜びしていた。
なんだかんだ言っても美紀さんも栗が好きなんだよなぁ。

車で走っていると栗畑を見つけた。
大きな栗がたくさん実ってる!





なつかしいなぁ・・・
僕もここから生まれたんだね。
僕は木に登ってみた。
上からの眺めもいいなぁ。





あっ!
下を見て驚いた!!
何と栗の実がたくさん落ちていた。
近くにはまだ青い実が山積みになっていた。





ちょうど持ち主のおじいさんがいて、僕はお話を聞いた。
この間の台風で、木も折れてたくさんの実が落ちたんだって。
今年はたくさん実って楽しみにしていたのに・・・
とおじいさんは寂しそうだった。





ぼくはしばらくおじいさんとお話をした。
栗のお話や台風のお話、昔のお話・・・
おじいさんにはたくさんの趣味があって、聞いていてとても楽しかった。
僕と同じように写真も好きだったんだって。

おじいさんはたくさんの栗の山から、こうして割るんだよ・・・と。
パカッと栗を手で割ってくれた!
僕はのぞきこんだ・・・





中から栗が出てきて、感激した!
栗は割れる前に筋が見えてくるんだって。
木の上で割れた栗は、色も濃くてとても甘いらしい。

そう言っておじいさんはいくつか割って見せてくれた。
青いイガは、中の栗も白っぽかった。
たくさんの青いイガを見て、僕も心が痛んだ。

今日、栗の木の下でおじいさんと会えたこと、たくさんお話が聞けたこと、
おじいさんの笑顔を僕は忘れない。
僕の仲間たちの姿も忘れないよ。


家に帰って、栗の枝や実を美紀さんは部屋に飾っていた。
きっとだんだん色が変わっていくんだね。





秋の展示には僕の友達も来てくれる。
そうそう、イガオくん元気にしてるかなぁ・・・

さくらの向こう

| 2017.03.31 Friday

ちらほらと咲き始めた桜
優しい桜色、かけがえのない花

毎年、一枝二枝 求めている小さな桜の切り花
今年はその枝をたくさん頂いた。
日に日に花開き、今まさに満開に。
今年は部屋の中で、ひと足早いお花見のよう。





栗太郎作品の中にある小さなお花見作品
桜とお花見団子
桜の頃にいつも浮かべる。
祖母との想い出の作品
「縁側」 






縁側で祖母とよく話をした。
いつもたわいもない話
今日の出来事、嬉しかった事、咲いている花、おいしい食べ物・・・・などなど。
あっという間に過ぎる時間
懐かしく幸せな時


婚約指輪をもらった時、輝くダイヤが嬉しくて縁側で祖母に見せたことがある。
「おばあさん、キラキラしてすごくきれいでしょう!!」と。
祖母はゆっくり笑ってこう言った。
「おばあさんも毎日見てるよ。」と。
そうか、おばあさんもダイヤの指輪持っているんだ・・・。
そう思った。





「朝露が朝日に光ってキラキラとダイヤモンドのようで、おばあさんはいつも見ているんだよ。」と。


この時、桜の季節ではなかったと思う。
それでも桜を見ながらいつも思い出す。 
小さな小さな縁側で、世界は大きく広がっていた・・・・・・

 

べっぴんの椅子/記:栗太郎

| 2016.11.29 Tuesday

僕の椅子
それは4年前の展示で、僕のサイズを計って特別に作ってもらった椅子
・・・まさに「べっぴん」 
作ってくれたのは、陶芸家のフジヒラさん。
栗好きなフジヒラさんとは、とっても気が合うんだ。





それ以来、僕は展示の度にこの椅子に座ってた。
この椅子に座ると、いつもと景色がちがうんだ。
座り心地も、とってもいいんだよ。


今回の展示で、フジヒラさんとミキさんが何か計画をしていた。
とっても楽しそうで、僕は聞き耳を立てていた。
形やサイズをやりとりしてるよ。
そうか!またフジヒラさんが椅子を作ってくれて、そこに座るんだ!
また僕の出番がやってきたよ!!
また神戸にも行けるね!

・・・と喜んでいたら、僕ではなかった・・・・・・。
ミキさんは小さなモンブランを、いくつも作り始めた。
僕よりずっとかわいいなぁ・・・
僕は複雑な心境だった。
僕はこっそり作品たちにまぎれて、神戸へついて行った。


搬入の時、2人はとても楽しそうに椅子と小さなモンブランを合わせていた。
「この椅子には、この子。こっちの椅子には、この子が合うね!」
・・・と盛り上がっている。
しかも何か持たせてる・・・
僕はチョウシさんの作品の陰から、片目で覗き込んでいた。


この子はスッと姿勢がいいな。
うんうん、長い椅子がよく似合う。
栗も明るい茶色だね。
きれいな花もかわいいね。





ベンチで誰か待ってるのかな?
ミキさんが朝作っていたのは、マフラーだったんだ。
外は寒いからね。
だれか大事な人を待ってるのかな。
僕も持つことが多いから、気持ちがわかるなぁ・・・
プレゼント、喜んでもらえるといいね。



この椅子は、初めて見るよ。
ソファーかな。
ゆったり楽そうで、僕も座ってみたいなぁ・・・
持ってるのは、もしかしてリモコン!?
ソファーでテレビかぁ・・・いいなぁ。




最初はちょっとうらやましかったけど、僕もだんだん楽しくなってきた。
ピンクのプレゼントや、和の贈り物もあるよ。
みんな何を思ってるのかな。


あれ?
1人、何も持っていない子もいるね。
一番小さな子だ。
何してるのかなぁ・・・
ちょっと首かしげてる。
夢でも見てるのかなぁ・・・





みんなよく似合ってるね。
そうでしょ、座り心地もいいでしょ。
みんな僕と同じ、べっぴんの椅子だからね!


~コトホギにそえて~
2016年11/26(土)~12/4(日)


<< 1 2 3 4 5 >> 5ページ中1ページ目