栗太郎

| 2020.10.04 Sunday

只今開催中の「和紙スイーツ展~奏でる~」より

今が旬の栗
展示会場にも栗太郎がファミリーで登場しています。
今回は「栗太郎と栗子のケーキ作り」
何のお祝いのケーキかな。







クリーム担当は栗子
「ケーキ焼けたかな?」とオーブンをのぞく栗太郎

オーブンと椅子は、友人の陶芸家・藤平三穂さんの作品
愛らしい形に思わずほっこり





部屋から眺める橦木館の美しい景色
栗太郎も時々ひと休み


夏空とくり

| 2020.07.22 Wednesday

鮮やかな黄緑色に目が留まる。
何だろう・・・と近づいてみる。





小さな栗のイガがコロンコロンと落ちていた。
見上げると上には大きな栗の木が。
水色の空に夏の緑
たくさんの栗の実をつけて。





秋に実る栗
今こうして準備しているんだね。
ハッとするようなビビットカラーの黄緑色
自然の色はすごいなぁ・・・
彼もびっくりしてるかな。





僕の色(5) 記:栗太郎

| 2019.09.29 Sunday

今年も僕の季節がやってきた。

去年、おじいさんにもらった栗とイガ
僕はその一部を大切にとっておいた。
箱を開けるとそのままの形だった。
イガを触るとまだチクチクする。





まさかそのイガの色を染めることになるなんて・・・
この春、小原和紙のカノウさんにイガの染液をもらった。
それで和紙を染めた。
僕はそれからいろいろなことに感動した。





同じ染液を使っても、染まる色は少しずつちがった。
でもどの色もいい色だった。

今まで僕のマロン色は、カガクセンリョウのトクチュウで染めてもらっていた。
出来上がった色をいつも見本と比べて、いいとかちょっと違うなとか思っていた。

でも自分で染めてみてわかった。
出来た色はみんないい色だって。
濃い色も薄い色も、できたその色を楽しめばいいんだなって。





先日も僕のワークショップがあった。
薄い色が好きな人、濃いめの色が好きな人といろいろだった。
栗染めは人気で、濃いめ色もの薄めの色もみんなその人の素敵な作品になった。
僕はまた感動した。





また新しい栗の季節がやってきた。
僕がいっしょうけんめい染めた和紙
その時の色
みんな楽しんでくれるといいな。

「私の栗太郎を作ろう!」ワークショップご案内


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 12ページ中1ページ目