大人の夏休み

| 2019.08.21 Wednesday

「大人はダメですか?」
キッズ教室へ、時々そんなお問い合わせを頂く。


「大人の夏休み」
そんなワークショップがあってもいいなと思う。
子供のころ、夏休みは長い長い特別な時間だった。
その感覚は今も残り、夏は他の季節にはないどこか楽しい気分になる。





夏休み、友人宅へ「私の栗太郎を作ろう!」出張ワークショップ
さてさてどんな時間になるのかな。





初めて使う栗で染めた和紙
よって紐にする。
くるくる巻いてマロンクリームにする。
美味しそうな栗色になったかな。





「好きな小物を作る。」
自分で考える。
色を選ぶ。
形にする。
・・・急に静かになって、それぞれが自分の世界

出来上がった作品を写真撮影
・夏だから
・リゾート気分でリラックス
・大好きなものだから
それぞれの創造の世界に感動!
自分で考えて、表現するってすばらしい!!







ワークショップを終えて、贅沢にもご主人お手製のお蕎麦を頂く。

大人の夏休み
気分は子供に戻ったように・・・


僕の色(4) 記:栗太郎

| 2019.05.26 Sunday

僕はあれから和紙を何度も何度も染めてみた。
たくさんの色ができた。
同じ染液でも毎回少しづつ色がちがった。
自然の色はみんなちがっていいんだね。





紅茶で染めた赤みの色
栗で染めた黄みの色
この二つの色を僕は大好きになった。





栗の染液で、便箋と封筒を染めた。
栗模様も描いた。
栗のラベルも染めてみた。
紙が変わると、栗色も変わるんだね。







カノウさんからもらった大切な栗の染液
僕はカノウさんにお礼の手紙を書いた。





僕の染めた和紙
どんな作品になるのかな。


僕の色(3) 記:栗太郎

| 2019.05.07 Tuesday

「よかったら私共と一緒に染めてみませんか?」

僕の信頼する小原和紙のカノウさん。
僕が苦労しているのを知って、そう声をかけてくれた。
いつも心にかけてくれる優しいカノウさん。
美紀さんにも少しは見習ってほしいもんだ。

僕は和紙とハケと板を持って、カノウさんのところへ勉強に行くことになった。





空気も澄んでいいところだなぁ・・・
カノウさんは僕の為に栗のイガを煮詰めた液を用意してくれていた。
栗の染液!!
僕は大感激した!





網枠に和紙をのせて、染液に浸す。
僕は初めての作業にワクワク・ドキドキした。

イガの染液はすごく濃い色だった。
どんなに濃く染まるかと思ったら、ひきあげたその色は優しい茶色だった。






僕が試したハケ染めもやっていいかなぁ・・・
そっとたずねたら、カノウさんは快くやってくれた。
やっぱり温かな人はちがうよなぁ。

カノウさんがハケで塗る。
動かすその手は、僕とは全然違う。
「繊維が充分色を吸うまで・・・」と、和紙と会話しているようだった。





塗っては干し、塗っては干しを繰り返した。
いろいろな条件で試した。
いろいろな色が出来た。
自然な色だから、1枚づつ違っていいんだよね。





最後にバイセンザイをかけた。
僕と同じミョウバンだった。
カノウさんはバイセンザイによって色がちがうんだよと、テツバイセンを半分塗ってくれた。
少しするとそこが黒っぽくなってきた。



深い・・・
僕は思わずつぶやいた。
まだまだ勉強することいっぱいだなぁ。

カノウさんは栗の染液をペットボトルに入れて僕にくれた。
僕はとても嬉しかった!
「帰ってから何回も染めてみるね。」
そう約束して、もらった染液を美紀さんに取られないよう車に積んだ。

作業の後、みんなでお茶を飲んだ。
カノウさんが摘みたてのミントでハーブティーを作ってくれた。
爽やかな香りが工房いっぱいに広がった。
美紀さんが焼いたクッキーを食べながら、いろいろな話をした。





僕はとても温かな気持ちになった。
やっぱりお菓子とお茶の時間が好きだなぁ・・・
僕、栗色ができたら、次はいろいろなお茶で染めてみようかな。


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 11ページ中1ページ目