祝福

| 2018.01.06 Saturday

薄い和紙を細い紐状にすると、まるで糸のよう。
色とりどりの細い紐
その線で模様を描く。
おめでたい干菓子の模様







「祝う」をテーマに干菓子を作る。
小さな姿に想いを込める。
作っているうちに、ふとある物語りが浮かんだ。
干菓子一つ一つに名前をつけてみる。
名前をつけたとたん、楽しい物語りが広がっていく・・・




富士山とうさん、帯子かあさん、
松竹梅三兄弟
松之助、梅子、竹男
いとこの菊正宗に菊姫、黄桜さん



亀造おじいさん、鶴子おばあさん
稲田豊作おじさん
その姿かたちを見つめていると、人物像まで浮かんでくるよう。



他にもシャープな文様の大文様子さん
鮮やかな水色はフランス帰りの網あみ男くん
高山生まれの花餅子さんなどなど、
名前をのせた20個の個性豊かな干菓子たち

皆で何をお祝いしているのかな。





紙の温度講師展1/4(木)~1/27(土)


よろこび

| 2017.11.30 Thursday


今年の夏、落雁作りの体験をした。
木型から生まれる小さな形
細やかな模様
繊細な線





小さなお菓子
集まるとなんとも愛らしい。
和紙スイーツで作ったら楽しいかな。
宝箱のように・・・





「新年の干菓子箱」
たくさんの方にご参加頂いた1日教室
細かい作業にテーブルを回る。
皆さん真剣そのもの。





一枚の薄い和紙から生まれる色、形
透ける、重なる、形が変わる。
ひもに、丸に、花びらに・・・

9個の干菓子を順に仕上げて桐箱に入れる。
ひとつ、またひとつ・・・
完成まであとひとつ。





手から生まれるそれぞれの形。
なんとも愛おしいその形。
みんな頑張ったね。
ああ、うれしい。

新年の干菓子箱
それぞれの宝箱のように・・・


色づく時

| 2017.10.16 Monday

ひと月1回の和紙スイーツ教室
毎月歩く同じ道
毎月移ろう季節の道

足元に色づいた落ち葉
もうそんな季節なんだ。
赤、橙、黄色、緑、茶色・・・それぞれが混じり合う色
きれいだな・・・思わず手に取る。
人数分拾っていこう。





教室の入り口にも、こんな大きな木が。
見上げてみる。
色づき初め、地面には落ち葉も。


今日の作品は、アップルパイとチョコケーキ
落ち葉と一緒に並べて見る。
色づく小路に遊ぶよう。





3年目の秋
穏やかに続いた時間
重ねた時もまた色づくように・・・


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 22ページ中1ページ目