【和紙スイーツ*とは】

お菓子から広がるイメージを、和紙を用いて表現した
オリジナル作品です。

大好きな「お菓子」を何か形にできないかと、
大好きな「紙」で表現したのが「和紙スイーツ」の始まりです。

和紙へは、お菓子のふんわり感や微妙な焼き色などを
最も豊かに表現できる材料として、自然にたどり着きました。

中でも「典具帖紙(てんぐじょうし)*」という
透けるほどに薄い和紙を使い、
その秘めた可能性を楽しみながら作品にしています。

お菓子のまとう甘く和やかな空気も、
作品から届けられましたら嬉しく思います。


*「和紙スイーツ」は、商標登録しています。
*典具帖紙(てんぐじょうし)

かげろうの羽にたとえられる、厚さ約0.03mmの極薄い和紙。
文化財の修復や、ちぎり絵などの手工芸用紙として使われている。





【プロフィール】

倉 美紀(くら みき)  和紙スイーツ作家

愛知県春日井市生まれ、名古屋市在住
椙山女学園大学 家政学部 被服学科卒業
幼い頃から、お菓子作りを母と共に楽しみながら育つ。
建材商社に在職中、ショーウィンドーを創作紙人形で飾ったことが、和紙とイメージ表現の楽しさに触れるきっかけとなる。
その後、洋菓子の道に進み手作り教室のケーキ講師として7年間所属する。

大好きな「お菓子」と「和紙」が重なった、「和紙スイーツ」を作り、お菓子から広がるイメージを表現する。
2007年より個展・教室活動を開始。
典具帖紙に魅せられ、その美しく温かな風合いを楽しみながら、作品にしている。



【自己紹介】

三人姉妹の長女、B型
感動型!?・・・美しい景色や花、美味しいものなどに触れては、日々何かと感動しています。
趣味・・・お菓子作り、料理、庭いじり
好きなもの・・・色、和紙、日本の四季、桜、空
好きな言葉・・・一期一会



【和紙スイーツのこれまでの活動】

2007年
紙専門店・紙の温度ギャラリーにて初個展(名古屋)

2008年
紙の温度にて和紙スイーツ1日教室講師を担当、現在も継続中
和菓子店・菊里松月にて季節の和菓子作品を展示~2009年まで(名古屋)
アジアンティーサロン・蓮庵にて個展(名古屋)

2009年
和紙スイーツ商標登録
長島ふれあい学習館にて個展(三重)
カフェギャラリー・木もれ陽にて個展(愛知・長久手)
ノリタケの森ギャラリーにて個展(名古屋)

2010年
紙の温度講師展出展~現在まで(名古屋)
星が丘・椙山デザインフェスティバル出展(名古屋)
いの町紙の博物館にて3人展(高知)
紙の温度ギャラリーにて個展(名古屋)

2011年
小原和紙工芸作家、加納登茂美・恒夫妻「和の紙展」に参加~2013年まで(名古屋)
ぎゃらりい木屋15周年記念企画展に出展(愛知・犬山)

2012年
アート〇美空間Sagaにて3人展(神戸)
ステージ・あうん合同展に出展(名古屋)
美濃和紙の里会館にて2人展(岐阜)
サン・レミ教会にて「日本文化・伝統と現在」合同展(フランス・ボルドー)

2013年
アート〇美空間Sagaにてコラボ展(神戸)
豊田市和紙のふるさとにて「日本文化・伝統と現在」合同帰国展(愛知・豊田)
紙の温度ギャラリーにて個展(名古屋)
いの町紙の博物館にて3人展(高知)

2014年
ノリタケの森ギャラリーにて個展(名古屋)
ギャラリーゆんたくにて個展(愛知・春日井)
ギャラリーマロニエにてガラスケースミニ展(京都)

2015年
紙の温度ギャラリーにて教室展(名古屋)

2016年
アート〇美空間Sagaにて3人展(神戸)




【今後の活動予定】

●作品展
 最新の展示案内はこちら >

●教室
・名古屋市熱田区「紙の温度」にて「1日教室」を開催
・名古屋市名東区「中央ライフカレッジ」にて「定期教室」を開催
詳しくはホームページをご覧下さいませ。

最新の教室案内はこちら>