カレンダー(5)印刷

| 2017.10.22 Sunday

「今年もまたお願いします。」
「はい、お待ちしています。」

カレンダー制作を始まりに、同じ時期同じ方へ電話で一報する。
印刷会社さんとの、シンプルな会話

この会話もまた10年目
「今年で10年目になるんです。」と、最後に付け加えた。
初めての余談でもあった。
日々膨大な数の印刷の中、伝えるまでもないけれど・・・と思いながら。

すると、「そうですか!実は私共も、毎年倉さんのカレンダーを楽しみにしているんですよ。」と。
・・・・・・驚いた。
そして、とても嬉しかった。



今年も印刷されたカレンダーが届いた。
箱を開けるときは、いつもワクワク、ドキドキ。

10年前、「ここは色がとてもきれいだから」と紹介してもらったオノウエ印刷さん
今年は10年を記念して、裏面に名前を記載させて頂いた。





写真の色、データの色、本印刷の色・・・
1枚1枚、手に取りながら仕上がりを確かめる。
全て見終わり、今年もまた嬉しい気持ちになる。



CDケースに入った小さなカレンダー
たくさんの方に支えられて、
大切な10年目のカレンダーが、できあがった。


カレンダー(4)デザイン

| 2017.10.04 Wednesday

和紙スイーツカレンダー
表紙と裏、12か月にプロフィール
毎年15枚のデザインを作って頂いている。





最初の頃は、作品と暦が分かれていてた。
月毎のカラーバリエーションや、次の月の絵柄が続いたり、作品の一部がワンポイントになっていたり・・・
毎年の変化が楽しかった。








最近では、作品を全面に使って頂いている。
未熟な写真が美しく補正され、ハッとするトリミングに感動することもしばしば。





反面、写真に直接暦をのせるため、苦労もいろいろ。
暦の位置、文字の色、祝日の色・・・
「この色が、作品と重なって読みづらい。でもトリミングはこのままで!」

などなど勝手な意見を伝えつつ、やりとりを重ねる。
根気よく付き合って下さり、本当に有難く思う。
おかげで今年もまたカレンダーの形になる。


来年の10月は、この作品
どんなトリミングになって、どこに暦がのるのかな。





切抜き通信

| 2017.09.26 Tuesday

「実はあと、お1人なんです。」
「申し込みます!」

ずっと気になっていた通信講座だった。
2年前、電話で問い合わせたその日のことだった。
日々の暮らしの中で出会う紙で、自分で決めた形を切り抜いていく。
買うものだと思っていた紙。
新聞、チラシ、包装紙・・・たくさんの美しく楽しい紙がたくさんあることに気づいた。





自分で決めたモチーフを、自分で決めたテーマで切り抜いていく。
私のモチーフは、しずく
1年目のテーマは、お菓子
2年目のテーマは、花

紙を切り抜いて貼るという作業が、新鮮で楽しかった。
ポストカード、本の表紙、カレンダー、箱に入った本など、
いろいろな課題があった。
毎回帰ってくるコメントを、待ち遠しく嬉しく読んだ。





2年目、いろいろな花を切った後、ひとつの花だけに絞った。
それは、バラの花

赤、橙、黄、緑、水色、紫、茶、金、銀・・・
虹色のような色で、綴っていった。
次第にバラが宝石になり、音楽の音符になっていく。
雨のしずくになり、雪の結晶にもなっていく。





最後の課題は、1冊の本
美しいバラの花束を贈る・・・というストーリーだったけれど、
日々の中、見上げる空に、雨のしずくに、目に見えないものに、
バラの花が咲くような、美しい瞬間がちりばめられているのだと感じるようになり、
当初とはちがう物語りになった。





2年間のノートや本
只今、「切抜き通信展」で飾って頂いている。
暮らしの紙と重ねた時間。
これからどんな花が、心に咲いていくのかな・・・

9/26(火)~10/1(日)
「紙・土・布ものづくり展」・「切抜き通信展」・「こども寺子屋展」
ギャラリー・モーネコンピス


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 16ページ中1ページ目