白鳥庭園にて

| 2018.06.28 Thursday

昨年の7月に訪れた白鳥庭園さんでの市民茶会
入口に置かれていた花氷
透明な氷に咲く一輪のスイレン
時間と共に溶けてゆく様子を眺めていた。





名古屋市内最大級の日本庭園である「白鳥庭園」
季節ごとの市民茶会に時々参加するようになり、お茶とお菓子とその時々のお話が楽しみになっていた。
花や景色も移り、今日はこの花が、この景色がと毎回新鮮な想いになる。





この度ご縁あって、こちらで和紙スイーツの展示とワークショップを開催させて頂く運びとなった。
初めての和室
新たなスタイルのワークショップ
新しいことは、いつも一つ一つが手探り
それでも会場での皆さんの笑顔を浮かべながら、一つ一つに向かう。





ちょうどあとひと月後の「観蓮会」
庭園を歩く。
今は紫陽花もまだ残り、蓮やスイレンのつぼみも固い。





これからひと月もすると、水辺が涼やかに色づいてゆくのだろうな・・・・・・


夏至の空

| 2018.06.21 Thursday

夕方、空が色づいているのに気づいた。
心躍らせ見上げた空
一年で一番昼が長い、夏至の空





光る薄い雲
ピンクでもありオレンジでもあり
色の名前よりもその美しさに夢中になる。
刻々と変わる空

きれいな空色が現れる。
夕暮れとは思えないような色
透ける雲
重なり合う美しい2色





大好きな空
本当に好きなものは、気づくとそこにいるんだな。





月が出ている。
高いところの月の空
それはまた違う空の色だった。


中はシロ

| 2018.05.23 Wednesday

20年くらい前、よく図書館に通っていた時期があった。
近くに小さな商店があり、いつも手作りのサンドイッチが並んでいた。
数回買ったことがあり、ふんわり優しい味だった。

久しぶりの図書館
同じお店に、同じサンドイッチが並んでいた。
変わらぬその姿がなつかしい。
中に入り、サンドイッチを買った。

「これ下さい。」
「ありがとう。」
お店に座っていたのは、お洒落なおばあちゃんだった。

ふと懐かしいお菓子が目に入った。
なごやん
「これも下さい。おやつによく食べました。」と追加した。





おばあちゃんは笑顔で
「これは中がクロじゃなくて、シロだから優しい味だよね。」と。
「中がシロ?」

・・・そうそう、これは中が白餡ベースだった。
2人で「だから優しい甘さで美味しいですよね。」と会話した。


緑あふれる公園で、サンドイッチを食べた。
ラベルの製造者に、商店と同じ苗字の女性の名前が書いてあった。
あのおばあちゃんが、ずっと作っているのかな。

20年前は話しかけたことも、話しかけようと思ったこともない。
今は何気ない会話がとても嬉しい。
幸せな気持ちでいっぱいになる。





中はシロ
なごやんも、変わらぬ優しい甘さだった。


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 19ページ中1ページ目