物語りの水玉

| 2018.03.19 Monday

日々食卓で使うたくさんの器
中でも毎日使うご飯茶碗
一番使い、手にして食べる器
その器を大好きな人に作ってもらえたら、どんなに豊かだろう・・・


陶芸家、藤平三穂さん。
出逢いは5年前の神戸展
栗太郎の椅子を作って頂いた。
その後もご縁が続き、今年の栗太郎展での試みにお互いワクワクしている。

そんな温かなお付合いの中、お願いしたペアのご飯茶碗。
春に届いたその器
愛らしいおそろいの水玉模様
それは今までにないお茶碗だった。





お茶碗には、一つづつ題名と物語りがあった。
大きい器は「雨あがり」

度々ご一緒した京都
3人の日は、なぜかいつも雨・・・
雨男なる呼び名が定着しつつある中、ついに快晴の京都

「雨あがって水たまりになりました。」
物語りの水玉
水の色
水の形
水玉
水玉模様は、小さいお茶碗へと続いていく。



逆さに置いた形も、まあるく愛らしい。
お茶碗以外のものにも見えてくるよう。
水たまりはだんだん小さくなり、
水色はだんだん青になっていく。
物語りの水玉・・・・・・





昨年秋の京都
散策の途中、大好きな紫式部の実があった。
その景色が美しく、私は夢中で写真を撮っていた。
触れ合い重ねた時間を想う。
物語りの水玉は、赤みを帯びてお茶碗の内側へと続いていく・・・





小さいお茶碗の題名は「紫式部」
重ねた時間が形になる。
毎日使う器になって。


陶芸家 藤平三穂さん
http://fujihiramiho.com/


3年目の春に

| 2018.03.09 Friday

広い中庭を抜けた先にある、中央ライフカレッジさん
月1回の和紙スイーツ定期教室
毎月同じ道を歩き、同じ場所へ行く。
巡る季節を感じながらの大好きな時間



3月のテーマは「春」
今日はもう3回目の春
「スプリング・カクテル」
花びら舞う春色のスイーツ作品





華やかなカクテルを作ったら、金の和紙でラインを描く。
くるりくるりと、触れる度に変わっていく姿
それぞれが描く線
自由なライン








ラインが決まったら、花びらをつけていく。
何色にしようか。
どこにつけようか。
どれだけつけようか・・・





考えながら悩みながら、静かな時間が流れていく。
おしゃべりも楽しいけれど、夢中になれる時間もいいな。

制作中、机の上には春色の和紙が点在する。
その様子もまた愛おしい。





それぞれのスプリング・カクテル
次第にその人の色が形になり、甘く優しい作品ができていく・・・。





教室を終え、冷たい風の中にも春色の余韻が残る。
いつもの桜並木を歩く。
この月のこの姿

枝にはまだ固いながらも蕾がたくさんついていた。
あと少ししたら、この枝も春色に染まっていくんだな・・・

中央ライフカレッジ・和紙スイーツ定期教室


始まりの和菓子

| 2018.03.06 Tuesday

ぷつぷつと穴のあいた落水紙
この和紙を見た時、桜餅の道明寺のようだと思った。
和菓子作品の始まりは、桜色のこの落水紙からだった。





春は和菓子の似合う季節
出逢いの春
始まりの春

昨年のある出逢いからご縁を頂いたワークショップ
主宰はKokokaraパレットさん
心と体、ここから始まる
人と人が交流していろんな色を作っていく・・・名前にはそんな素敵な想いが込められている。





ここから始まるワークショップ
どんな時間が、どんな出逢いが作品が、生まれてくるのだろうか。

薄い和紙を重ねる。
包む、よる、ちぎる。
手を通して、春色の和紙がひとつひとつお菓子に変わっていく。






時間とともに、だんだん空気もやわらいで・・・
手から生まれるその形
その人その人の愛おしい手の形
同じ材料が個性豊かに変わっていく様子には、いつもいつも感動する。





「帰りに和菓子を買っていきます!」
そんな声も聞かれ、笑顔がこぼれる。
楽しんでもらえたなら、嬉しいな・・・


次の日もその余韻が残り・・・桜餅を買った。
優しい桜色の道明寺
その表情は、落水紙のようだった。

桜の葉からは、なつかしい春の香りがした。





<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 77ページ中4ページ目