私の封筒

| 2021.03.08 Monday

かのうともみひさし小原和紙工芸展
~ただひとつだけ、一回きりの~
3日間の春の展示会
協賛出展のご縁を頂き、たくさんの皆様と触れ合うことができました。
ありがとうございました。


加納氏作品の一つ「伝言小書」と名付けられた小さな封筒と便せん
メッセージを添えて大切な人へと
たくさんの色、豊かなデザイン優しい、愛らしい、ダイナミック、モダン、きらびやか、クール、粋
どれもたった一つだけ。



ふと遊び心で、作られた加納ご夫妻にお願いしてみた。
「“今日の私”で封筒を選んで下さい。」と。
丁寧に裏表を返しながらゆったり選んで下さった。



ともみさんが選んで下さったのは、薄紫
ひさしさんが選んで下さったには、青緑と銀
二つ違う顔
でもどこか似たデザイン
どちらも私の中にある何か
選んでもらうという嬉しさ

今日この時の私の封筒

かのうともみひさし小原和紙工芸展

| 2021.03.06 Saturday

かのうともみひさし小原和紙工芸展
~ただ一つだけ、たった一回きりの~
春色の空気漂う中、始まりました。






色とりどりの和紙が中央に並ぶ
右側には加納氏のやわらかな春色の世界
左側には協賛出展の作品
書、掛け軸、墨絵、折形、ペン画、ラッピング、和紙スイーツ
加納氏の和紙を使ったそれぞれの表現






たくさんのお客様に囲まれた初日
「和紙を通して、人が行きかうことが素晴らしい。」
加納さんの言葉が心に響く。

お近くへの機会がございましたらどうぞお立ち寄り下さいませ。

3/5金~3/7日 ギャラリーエンネ
かのうともみひさし小原和紙工芸展

雛あられの和紙

| 2021.03.01 Monday




ころん、ころんと雛あられ
柔らかい春の色
雛あられ遊ぶ「加納さんの和紙」
透かすとくるりと楽しい渦巻き模様





幼い頃の着物で母が作ってくれた小さなお雛様
和紙と楽しそうに
もうすぐひな祭り





3/5金~3/7日
かのうともみひさし 小原和紙工芸展 “掌の記憶”
~たった一つだけ、一回きりの~


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 124ページ中4ページ目