和紙スイーツカラー(2)マロン色

| 2018.10.26 Friday

小さい頃からなじみのあるモンブラン
そのクリームは、黄色だった。





ケーキ教室の講師を始めた頃、モンブランのクリームはやはり黄色だった。
ある時、それがフランスのマロンペーストに変わった。
初めて見る茶色いペースト
それに生クリームを混ぜ、今はよく見るマロンクリームができた。


和紙で作品を作るようになり、たくさんの茶色の中からその色を探した。
茶色でも黄土でもない、ベージュでもない微妙な色
初めて特別に染めてもらったのも、このマロン色だったと思う。
出来上がった色を筒に巻き、大切に使ってきた。





透けるほどに薄いその和紙は、重ねると色が濃くなる。
よって紐にし、それをマロンクリームにする。

和紙1枚の時の色は、とても薄いマロン色
紐になった時、和紙が重なり色が濃くなって、ほど良いマロン色になる。
微妙な色加減で染めて頂き、いつも感謝している。





栗太郎展を前に、毎日のようにマロン色を紐にする。
何本も何本もよる。
それをクルクルと巻いて、クリームにする。





ぶんわりクルクル
モンブランは、この和紙この色ならでは。


和紙スイーツカラー「マロン」
12色コーナーができる前から商品名に入れて頂いていた。
想いの深いマロンクリームの色


和紙スイーツカラー(1)葡萄色

| 2018.10.18 Thursday

お菓子の色を浮かべて和紙を探す。
イメージに重なる色を求めて・・・


お世話になっている紙の温度さんで、典具帖紙の「和紙スイーツカラー」コーナーを設けて頂いた。
全12色
まだ調整中の色もあるけれど、お菓子の色が並ぶ嬉しい棚となりました。


その1色でもある葡萄色
紫、赤紫、青紫、深い青・・・
1枚にいろいろな葡萄が並んでいるような染めです。



この時期、果物売り場に並ぶ様々な葡萄
年々種類も増えるよう。

先日、ある葡萄を見てハッとした。
実の色が赤紫、青紫などいろいろでまるで葡萄色の和紙みたい!





思わず買ってしまった。
自然の色ってすごいなぁ・・・
今度は葡萄が和紙の色みたい。





透けるほどに薄い和紙、典具帖紙
1枚、2枚、3枚と重なるごとに色が濃くなり、
重なるごとに色が混じり合ってゆく・・・


僕のDM 記:栗太郎

| 2018.10.01 Monday

おじいさんの言った通りだった。
しばらくしたら、まんまるだった栗のイガに筋目が入ってきた。





それからイガはだんだん色が茶色くなっていった。
ある日、そのイガを見てびっクリした!
なんと自然に割れて、中から栗が顔をのぞかせていた!!

台風で落ちてしまったまだ青かったイガ
すごいなぁ・・・
僕は仲間の力に感動した。

その時僕は思った。
僕の展示DM、この仲間との写真にしたい!と。





・・・でもすでにDMには他の写真が撮ってある。
あの美紀さんのことだから、そんな思いつきではダメだと言うに決まってる・・・
でも僕は勇気を出して言ってみた。
ああぁ、コワイ・・・

「えっ!いいの!!」
どうしたんだ。
栗太郎展だから!?
美紀さんもようやく人に譲ることがわかってきたのかな。

それなら撮影で下に敷く紙、決めなきゃ。
ちがう、ちがう、そんな明るい色じゃない。
シックな感じにしたいんだ。
僕は「起毛紙の毛皮風」っていう紙を選んだ。
この紙の表情が、イガに似てるなって思ったんだ。
それにおじいさんの故郷のフランスの紙だよ。

僕は開いた栗をよく見ようと、椅子に乗った。
陶芸家のフジヒラさんが作ってくれた新しい椅子なんだ。

パチパチと、美紀さんが写真を撮った。
ええっ、もう終わり!?
ほんの数枚だよ!
もっとたくさん撮ってよ~!!
ねぇねぇ!!

・・・・・・仕事に行ってしまった。




僕はフジヒラさんの椅子に座って、しばらく仲間たちと話をした。
みんな温かくって、また楽しい気持ちになってきた。
仲間っていいなぁ・・・
!!
その時僕はひらめいた!

僕はDMを作ってくれるデザイナーのウリモトさんに、こっそり電話をかけた。
「展示会のタイトル、僕の名前を美紀さんの名前よりもグ~ンと大きくしてね!」って。

「栗太郎展」2018年11/20(火)~12/8(土)



<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 85ページ中4ページ目