カレンダー展(9)紙の温度さん

| 2017.12.04 Monday

名古屋の地下鉄名城線「伝馬町駅」から徒歩5分
地上に出ると、広い空が見える。
何度も何度も歩いた道
まっすぐな道を歩きながら、いろいろなことを巡らせる。
始まりと終わりが入り混じるときー





名古屋市熱田区にある紙専門店:紙の温度さん
すぐ近くには熱田神宮もあり、観光の方も多い場所。
最近掲げられた大きな看板
「手漉き和紙と世界の紙」
前を通る方がゆっくり立ち止まり、店内に入っていく姿をよく見かける。






今回は特別に許可を頂き、撮影させて頂いた。
店内は和紙、洋紙、紙製品と本当にたくさんの品々が。
これほどたくさんの品があるお店は他にないといつも思う。

中二階からの眺めは、温かく美しい。
紙を手にする人もまた温かく映る。





何年も通っているのにいつも新たな発見があり、まるで宝探しのよう。
今はクリスマスに新年に・・・と店内はとても華やか。
和紙スイーツカレンダーも、10年間毎年置いて頂いている。





作品で使う典具帖紙の棚
ここでこの和紙に出逢え、今がある。
たくさんの色
美しい染め
美味しそうな色





奥にはギャラリーがあり、先日まで展示をしていた。
新たな出逢いもまた紙の温度さんならでは。
その場所もまた紙に囲まれている。
紙の向こうにギャラリーが。
ギャラリーの向こうに紙が。

初個展の場所で迎えたカレンダー10年展
帰ってきた場所
新たに始まる場所





大好きな紙に包まれた、温かな場所

よろこび

| 2017.11.30 Thursday


今年の夏、落雁作りの体験をした。
木型から生まれる小さな形
細やかな模様
繊細な線





小さなお菓子
集まるとなんとも愛らしい。
和紙スイーツで作ったら楽しいかな。
宝箱のように・・・





「新年の干菓子箱」
たくさんの方にご参加頂いた1日教室
細かい作業にテーブルを回る。
皆さん真剣そのもの。





一枚の薄い和紙から生まれる色、形
透ける、重なる、形が変わる。
ひもに、丸に、花びらに・・・

9個の干菓子を順に仕上げて桐箱に入れる。
ひとつ、またひとつ・・・
完成まであとひとつ。





手から生まれるそれぞれの形。
なんとも愛おしいその形。
みんな頑張ったね。
ああ、うれしい。

新年の干菓子箱
それぞれの宝箱のように・・・


カレンダー展(8)この和紙だからこそ

| 2017.11.19 Sunday

透けるほどに薄い和紙「典具帖紙(てんぐじょうし)」
和紙スイーツができるのは、この和紙あればこそ。

一粒のぶどう
うすい緑、青、紫色・・・皮の下にある色、感じた色
1枚1枚重ねていく。
薄い和紙から生まれる微妙な色合い





細い紐にもなり、線にもなる。
メロンの皮に、絞ったクリーム
シャープな線が、柔らかな曲線に添う。
これもこの和紙だからこそ。





一枚だと透明感に。
こんなに薄いのにちゃんと形を保ってくれる。
和紙の力





1枚の平面の和紙が、花びらにもなり花芯にもなる。
やわらかく軽やかなレースにも
美しいグラデーションは、染めの色そのままに。





10年間のカレンダーの表紙に合わせて、ケーキを一つずつ置いていく。
どの表現もこの和紙ならでは。





10枚の表紙
10個のケーキ
カレンダー10年の甘い季(とき)


<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >> 77ページ中7ページ目