和紙スイーツカラー(5)クッキー

| 2019.02.20 Wednesday

「クッキーの焼き色みたい!」
和紙特有のぼかしを見た時、そう思った。





焼きあがったクッキーは、グラデーションのように焼き色がつく。
1枚1枚の表情もそれぞれ
豊かな色を持つ和紙は、そんな手作りのクッキーのようだった。

薄い焼き色
こんがり焼き色
たまご色
焼きムラの色・・・





いろいろな和紙を重ねて作るその焼き色
重ねる色で、重ねる順番で何とも多彩な表情が生まれる。
この色、この順番!
美味しそうな色を見つけた発見と感動を今も想う。


焼き色ができたら、そこに飾りをつけていく。
どんな味にしようかな・・・と浮かべるように。
チョコチップ、マーブルクッキー
昔からあるなつかしいクッキー





焼き菓子は、手作りのお菓子でも和紙スイーツでも大切な私の原点

そんな原点を楽しんで頂けたらいいな。
和紙を重ねながら、お好みのクッキーを楽しんでみませんか?

和紙スイーツ1日教室「春色クッキー」


和紙スイーツカラー(3)(4)ビターショコラ&ミルクショコラ

| 2019.01.24 Thursday

バレンタインを前にショコラが華やぐ頃
ビター、スイート、ミルクなど、ショコラの色は様々な茶色





色幅の広い典具帖紙の茶色
いつも苦労しながらショコラ色を探し、合わせていた。

濃い茶色はビターショコラ、明るい茶色はミルクショコラ
和紙スイーツカラーに2つのショコラ色を染めて頂いた。





透けるほど薄い和紙は、その2色を重ねるとまた違った茶色ができてくる。
ビターを2枚にミルクを2枚
ビターを3枚にミルクを1枚
その組わせ方で、生まれるいろいろな茶色





重ねながら、好きなショコラの色を探る。
楽しく、悩ましく。
今度の1日教室でも、この色作りをお楽しみ頂く。






味を重ねながらのショコラ色
どんなショコラが生まれてくるのかな。

和紙スイーツ1日教室「バレンタイン・ショコラ」

和紙スイーツカラー(2)マロン色

| 2018.10.26 Friday

小さい頃からなじみのあるモンブラン
そのクリームは、黄色だった。





ケーキ教室の講師を始めた頃、モンブランのクリームはやはり黄色だった。
ある時、それがフランスのマロンペーストに変わった。
初めて見る茶色いペースト
それに生クリームを混ぜ、今はよく見るマロンクリームができた。


和紙で作品を作るようになり、たくさんの茶色の中からその色を探した。
茶色でも黄土でもない、ベージュでもない微妙な色
初めて特別に染めてもらったのも、このマロン色だったと思う。
出来上がった色を筒に巻き、大切に使ってきた。





透けるほどに薄いその和紙は、重ねると色が濃くなる。
よって紐にし、それをマロンクリームにする。

和紙1枚の時の色は、とても薄いマロン色
紐になった時、和紙が重なり色が濃くなって、ほど良いマロン色になる。
微妙な色加減で染めて頂き、いつも感謝している。





栗太郎展を前に、毎日のようにマロン色を紐にする。
何本も何本もよる。
それをクルクルと巻いて、クリームにする。





ぶんわりクルクル
モンブランは、この和紙この色ならでは。


和紙スイーツカラー「マロン」
12色コーナーができる前から商品名に入れて頂いていた。
想いの深いマロンクリームの色


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 11ページ中1ページ目