白鳥庭園の甘い夢

| 2018.07.31 Tuesday

2日間行われた白鳥庭園での和紙スイーツ展とワークショップ
夢のような2日間でした。
ご覧下さいました皆様に心よりお礼申し上げます。
また台風の影響で残念ながら伺えず・・・というお声も届き、お気持ち有難く受けとっております。





庭園のほぼ中央に位置する茶室・清羽亭(せいうてい)
母屋は二つの茶室から成り、そこで展示とワークショップを行った。
母屋から渡り廊下で、池の中州に建つ茶室・立礼席(りゅうれいせき)につながっている。
設計は建築家・中村昌生氏
離れが頭、渡り廊下が首、母屋の広間が胴体と羽
・・・それは水辺に舞い降りた白鳥のデザイン





初めての和室での展示
その素晴らしい空間に戸惑いながらも、最後は感じるままに作品を置いた。












木の台
ポツンと置いた1点
床の間からイメージした作品
今までと違った何かが生まれたようだった。


その空間でのワークショップ
~和紙で作る~和菓子
初めての随時ワークショップは、おかげ様で途切れることなく
たくさんの方にご参加頂きました。







小さなお子さん
涼しげな浴衣姿の方
お1人で、ご友人と、ご夫婦で
お茶仲間の方々と・・・
いろいろな世代の方に触れて頂いた。
手から生まれるそれぞれの形
皆さん何を感じられたのかな。

窓の向こうにはスイレンに囲まれた茶室
お茶席で頂いた和菓子の話にも花が咲く。
笑い声を交えながらの和やかな時間・・・





自然の光
自然の色が作品に映る。
人と作品と会話と。
和室は人を温かく迎える空間なのだと思う。





全てのお茶席が終わり、この空間もあとわずか。
最後のお客様と和やかな会話が続く・・・・・・




和紙スイーツ展「甘い夢」
夢のように幸せな時間となりました。
皆様に心より感謝いたします。


祝福

| 2018.01.06 Saturday

薄い和紙を細い紐状にすると、まるで糸のよう。
色とりどりの細い紐
その線で模様を描く。
おめでたい干菓子の模様







「祝う」をテーマに干菓子を作る。
小さな姿に想いを込める。
作っているうちに、ふとある物語りが浮かんだ。
干菓子一つ一つに名前をつけてみる。
名前をつけたとたん、楽しい物語りが広がっていく・・・




富士山とうさん、帯子かあさん、
松竹梅三兄弟
松之助、梅子、竹男
いとこの菊正宗に菊姫、黄桜さん



亀造おじいさん、鶴子おばあさん
稲田豊作おじさん
その姿かたちを見つめていると、人物像まで浮かんでくるよう。



他にもシャープな文様の大文様子さん
鮮やかな水色はフランス帰りの網あみ男くん
高山生まれの花餅子さんなどなど、
名前をのせた20個の個性豊かな干菓子たち

皆で何をお祝いしているのかな。





紙の温度講師展1/4(木)~1/27(土)


カレンダー展(10)甘い笑顔をありがとう。

| 2017.12.10 Sunday

3週間の展示~カレンダー10年目の甘い季(とき)~
おかげ様で楽しい楽しい記念展示となりました。
案内ハガキを手にお越し下さった方、知人たちとの再会、偶然立ち寄られた方々との出逢い・・・
ご覧頂きました皆様に心よりお礼申し上げます。






10年間作り続けたカレンダー
全120作品
チョコレートに見立て、120個のカレンダーをラベルにした。
中央にはフランス語で綴った10年目のメッセージ
この作品の前で、たくさんの方とお話をした。

展示の原画を見つける方
栗太郎作品を探す方
ちりばめた10年間のメッセージに気づいて下さる方などなど、
小さなラベルからいくつもの楽しい会話が広がっていった。








作品「ポケットをたたくと♪」
たたくとビスケットが出てくる不思議なポケット
会場で楽しい試みをしていた。
ポケットの中に手を入れると・・・








入れた手に触れるものは・・・
その表情を見るのが何とも楽しみ!
まさに甘い笑顔かな。
うれしい楽しい至福のときー





10年間作り続けたカレンダー
CDケースの小さな形
10年間の表紙に乗せた10個の洋菓子作品
並んだ姿にこれまでを想う。





会場の中では笑顔があふれ、温かな気持ちになる。
~カレンダー10年目の甘い季(とき)~
10年分のカレンダーに囲まれて、会場で過ごした時間
それはまさに甘いときだった。
これまでたくさんの笑顔に支えられてきたのだと、しみじみ思う。





カレンダー10年目のメッセージ
甘い笑顔をありがとう。
Merci mille fois pour toute choses  !
千ものありがとうを全ての事柄に・・・


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 26ページ中1ページ目