夏休み親子教室~和紙で作るアイスクリーム~

| 2017.07.29 Saturday

夏休み親子教室
定期教室を開催している中央ライフカレッジさんで。
親子教室はたくさんの体験メニューがあり、いつも大賑わいのイベントなのだそう。

今年初めて参加させて頂いた、和紙スイーツ体験教室
和紙で作る「アイスクリーム」





和紙って、私たちの国のとっても素敵な紙なんだよ。
何から出来ているのかな?
毎日使っている和紙があるけれど、何かな?
少し入れた和紙の話も、熱心に聞いてくれて嬉しいな。





一生懸命作る小さな手
それを手伝うお母さんの手
優しく交わるその手にいつも温かな気持ちになる。


最後は楽しいトッピング
なんとも個性豊かで、完成を見る度に大感動!
薄い和紙を丸めたり、線を描いたり、ふわりと浮かせたり・・・
「自分で考えたの!?」
ついつい夢中で尋ねてしまう。





見せてね・・・と、くるりとこちらを向けたら、アイスにお顔が!!
作った女の子と一緒のかわいいかわいい笑顔だった。
また感動・・・





みんなすごい!!
もうみんな和紙と仲良しだね。

中央ライフカレッジ「夏休みキッズ1日体験」


おやつ時計

| 2017.07.17 Monday

「時計をかける場所、キッチンにするね。」
「壁は自分で貼ったオレンジ色なの。」

どこにかけるか、どこに似合うか・・・
大切に考えてくれていたんだね。
彼女のために作る「おやつ時計」





「3時のところをモンブランにしてもらえるかな。」
とリクエストが届いた。
喜んで・・・と作り出す。





「モンブランは、母が一番好きなケーキだということを思い出しました。私も大好きです。」
メールにそう添えられていた。
優しい彼女らしいな。





おやつ時計
3時の位置には、モンブラン
オレンジ色の壁で、どんな時を刻んでいくのかな。





透き通る

| 2017.07.11 Tuesday

初めて作った立体作品は、「夏の和菓子」
9年前、ご縁のある和菓子屋さんのものだった。
本物の和菓子を前に、何日も何日も試行錯誤して。

「うちの和菓子を作って下さい。」
ご主人にそう言われて預かった和菓子
「うちの和菓子」・・・

よく見ると、透明なしずくがついていた。
朝顔のしずくは、朝露を表現しているんだ。
小さなひとつひとつの形が、そのお店の和菓子なんだと実感した。



透明なものをどうやって作ろう・・・
ボンドを固めてみたり、和紙を丸めてみたり。
何度も繰り返して、透ける典具帖紙1枚にたどりつく。





四角く折ると、寒天のよう。
透明なしずくは、何度も作りながら少しづつ形を変えていった。


展示をご縁に出会った、ガラス作家の丁子恵美さん。
オリジナルの形が楽しく美しい。
只今、展示中のギャラリーで、和紙スイーツを飾って頂いている。





金魚の和菓子が、お皿に浮かぶ。
四角い模様が楽しいな。
埋め込まれたキャンディーのようにも感じて。


「この中に、倉さんの朝顔が入っているんだよ。」
ぼんやり映る朝顔の形
白の向こうのピンク色





ふわりと透けた感じが、きれいだな。
ガラスとはまた違う、和紙のような透け具合
透き通る・・・・・・
何かに包まれながら、見えている。
その感じが、なんとも好きなんだよなぁ・・・と思う。


丁子恵美GLASS WORKS
ぎゃらりー図南2017.7/8~7/23




<< 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >> 75ページ中10ページ目