和紙スイーツカラー(3)(4)ビターショコラ&ミルクショコラ

| 2019.01.24 Thursday

バレンタインを前にショコラが華やぐ頃
ビター、スイート、ミルクなど、ショコラの色は様々な茶色





色幅の広い典具帖紙の茶色
いつも苦労しながらショコラ色を探し、合わせていた。

濃い茶色はビターショコラ、明るい茶色はミルクショコラ
和紙スイーツカラーに2つのショコラ色を染めて頂いた。





透けるほど薄い和紙は、その2色を重ねるとまた違った茶色ができてくる。
ビターを2枚にミルクを2枚
ビターを3枚にミルクを1枚
その組わせ方で、生まれるいろいろな茶色





重ねながら、好きなショコラの色を探る。
楽しく、悩ましく。
今度の1日教室でも、この色作りをお楽しみ頂く。






味を重ねながらのショコラ色
どんなショコラが生まれてくるのかな。

和紙スイーツ1日教室「バレンタイン・ショコラ」

私の栗太郎を作ろう!その4

| 2019.01.20 Sunday

アジアンティーサロン蓮庵さんでのワークショップ
「私の栗太郎を作ろう!」





着物姿の友人の横には、栗太郎のお正月作品
蓮庵オーナーさんもご参加下さり、店内テーブルで和気あいあいと。
おしゃべりしながら、それぞれのペースで進んでいく。


今回は栗(頭)のデザインにびっクリ!
すっと伸ばしたり、渦巻きにしたり・・・
本当に人それぞれ
自分の中にある何かが形になって出てくるのかな。
ここにどんな小物がついてくるのかな。





オーナーさんは店内飾りの小物を置いて。
サイズもピッタリ!

渦巻きが天女の髪型のよう。
典具帖紙の衣をふわりと纏う。

葉っぱの飾りは、その方ならでは。
彼女の作風とも重なって、こんな小さな姿にもそれぞれの世界が出てくるんだな・・・と。







お菓子教室の先生もご友人とご参加下さった。
私の原点も一緒だったとお話も弾む。
仲良しのお二人は、作品もまた仲良く会話しているようだった。

皆さんにそれぞれ名前をつけて頂く。
できあがった作品も名前も、その方の一部のようだと思う。
一緒に写真を撮りながら、作品同士も仲良しになってまた笑顔華やいでいく・・・





たくさんの楽しみを秘めた栗太郎ワークショップ
出張もいたしますので、詳しくはホームページ「問合せフォーム」にてお尋ね下さいませ。

これからもいろいろな場所で、その人の栗太郎に出逢えたら嬉しいな。


私の栗太郎を作ろう!その3

| 2019.01.16 Wednesday

昨年、ギャラリーの椅子に座ってある作業をしていた。
それは至福の時間だった。





「私の栗太郎を作ろう!」にご参加頂いた方の作品カードを作った。
それぞれが付けた名前の栗カードに、作品写真を貼る。

個性豊かな作品に、付けた名前もまた豊かだった。
栗絵、栗姫、夢来栗(むきぐり)、クリリン、くりえもん、クリゲリータ、クリスティーヌ
オリンピッくり~、さぬきマロン、とっくり、くりスマス、フーテンのくりさん
目指せ甲子園、小さい秋見つけた、もういくつねると♪・・・などなど。
「ありがとう」と記した方も複数いらした。

作品が増えてくると、グループができてきた。
野球チーム、旅をして温泉で楽しい宴組
ペットを連れた方、好きな食べ物を持たせた方など、
全く知らない方同士が仲良しになるようで、何とも楽しいことだった。






小学生のお子様も、お2人ご参加頂いた。
作りたいものいっぱいで、次々と形になっていった。
椅子の上は、楽しい小物で溢れていた。
子供は夢いっぱいなのかな・・・





クリームの形、栗の大きさ、持たせた小物、付けた名前・・・
どこかその方と重なっているようでもあり。
それぞれの中にある何かが、豊かに表現されていた。

自分で考え、生み出したもの。
「みんな力がある!」
作品を前に、つい何度もくり返した。
私にとっても、今までにない衝撃的なことだった。





くりエモンからクリスティーヌさんまで、総勢44名の方にお作り頂いた。
「私の栗太郎を作ろう!」
まずは100人を目指していきたいな。

今年もまた機会を頂き、それぞれの世界がとても楽しみ!

2019年「私の栗太郎を作ろう!」


<< 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >> 96ページ中10ページ目