小原薄様楮紙

| 2022.07.23 Saturday

「甘い色に漉いて頂きたい。」

そう注文して届いた和紙
目にして感動した!
甘い色の世界があるなら、こんな色ではないかと思うほどに。





小原和紙工芸作家、ユニット・かのうともみひさし作
小原薄様楮紙(おばらうすようこうぞがみ)
和紙の繊維が果肉のように映る。





この美しい和紙にハサミを入れる。
いろいろなグラデーションに分かれていく。
四角く折る、重なる色たち。





苺味、みかん味、パイン味
白っぽいのは、苺ミルクみたい。
一つ一つ、違う味になっていく。


飴の花

| 2022.07.17 Sunday




典具帖紙をくるりと巻く。
虹のような色を集めて。
〇まるっていいな。かわいいな。





小さなまるに小さな花を一つずつ。
苺、みかん、レモン味
メロン、ソーダ、ぶどう味







飴に花を咲かせながら、コツコツと。


ショコラ時計「環Tamaki」

| 2022.07.03 Sunday

彼女が一目惚れした桜貝の和紙
風に舞うような、躍るような。
小原和紙工芸作家、ユニット・かのうともみひさし作





ショコラ時計の今回のリクエストは、「めぐる色」

緑→黄色→赤→青の順に色を巡らせる。

彼女の好きな万華鏡、ピスタチオ、桜、舞い。
イニシャルもまた舞うように。







宝石のようなショコラが巡る。

ショコラ時計「環」




<< 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >> 160ページ中10ページ目