カレンダー展(1)キラキラ、カクカク

| 2017.09.05 Tuesday




透ける和紙で作る、小さな寒天
1枚をカクカク折る。
この表現は、典具帖紙ならではなのだとつくづく思う。
ピンク、オレンジ、いろいろな色で作ったらきれいかな・・・





只今、カレンダー作り真っ只中!
今回、記念すべき10年目。
最近は写真も自分で撮るようになり、毎回まさに試行錯誤。
何に置こうか、
色は素材は、
どんな角度で写そうか。

まずは試撮り・・・と始めた時間に、たまたま自然光が射しこんだ。
光の道ができたよう。
落ちた影もまた面白いな。





作品に光があたり、光る。
カクカク、キラキラ。
なんだか宝石みたいだできれいだな・・・





この試撮り、そのまま使おうかな。
同じ光はもうこないかも知れない。


キラキラ、カクカク・・・
心も一緒にキラキラ、カクカク・・・
今年は一つ一つに10年を想う。


感じる力

| 2017.08.11 Friday




「マジックみたい・・・。」
平面の和紙が、1本のひもに変わっていく姿を見て、女の子がそっとつぶやいた。
デモの後、その女の子もまたスルスルと、美しい1本のひもを作っていた。





初めて触れる紙
知らない紙
短い時間の中で、その紙の良さをちゃんと感じてる。
小さな心に、なんて豊かな世界があるのだろう・・・





「厚い紙をクシャクシャしていると、薄い紙になる。」
・・・変わっていく様子を、手がちゃんと感じているんだね。





見本にはないデザインが、たくさんたくさん生まれた親子教室
毎回、驚きと感動の連続だった。
まっすぐな気持ちが、まっすぐに形に表われるのだろうか。
私も昔は子どもだったのになぁ・・・と羨ましくなる。

「来年もまた作りたい!」
そんな嬉しい声もたくさん頂いて・・・

来年もまた会えるかな。
小さな手は、少し大きくなっているのかな。





8月4日和紙の日

| 2017.08.04 Friday

8月4日「和紙の日」
教室でお世話になっている紙の温度さんで、スタッフ皆さんがつけていたバッジ
私もつけて、親子教室を行いました。







和紙で作るクッキー
和紙って、どんな紙なのかな?
作りながら触れながら、何を感じるのかな?











作り終えて、どんな紙だと感じたのか聞いてみた。
「和紙は、〇〇な紙」
子ども達ひとりひとりが、感じた〇〇を一生懸命書いてくれた。





もともと自分の国の紙が、とても素晴らしいことを伝えたくて始めた親子教室

終了後、あるお母さんと和紙の話をしていた。
「今日のこと記憶に残らなくても、何か感じてもらえたら・・・」と、話している時だった。
隣で聞いていたお子さんが、「私、今日のこと残ります!」と元気に答えてくれた。

今日は和紙の日
そのまっすぐな目と声を、私もまた忘れないと思う。

和紙スイーツ・夏休み親子教室「スイーツ・リング」


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 72ページ中6ページ目