僕の色(5) 記:栗太郎

| 2019.09.29 Sunday

今年も僕の季節がやってきた。

去年、おじいさんにもらった栗とイガ
僕はその一部を大切にとっておいた。
箱を開けるとそのままの形だった。
イガを触るとまだチクチクする。





まさかそのイガの色を染めることになるなんて・・・
この春、小原和紙のカノウさんにイガの染液をもらった。
それで和紙を染めた。
僕はそれからいろいろなことに感動した。





同じ染液を使っても、染まる色は少しずつちがった。
でもどの色もいい色だった。

今まで僕のマロン色は、カガクセンリョウのトクチュウで染めてもらっていた。
出来上がった色をいつも見本と比べて、いいとかちょっと違うなとか思っていた。

でも自分で染めてみてわかった。
出来た色はみんないい色だって。
濃い色も薄い色も、できたその色を楽しめばいいんだなって。





先日も僕のワークショップがあった。
薄い色が好きな人、濃いめの色が好きな人といろいろだった。
栗染めは人気で、濃いめ色もの薄めの色もみんなその人の素敵な作品になった。
僕はまた感動した。





また新しい栗の季節がやってきた。
僕がいっしょうけんめい染めた和紙
その時の色
みんな楽しんでくれるといいな。

「私の栗太郎を作ろう!」ワークショップご案内


紅の色

| 2019.09.10 Tuesday

ポツン、ポツンと咲く、小さな白い花
また蕾がいくつかついていた。





よく見ると蕾が紅色
開くと真っ白な花なのに、なぜ?
この紅色はどこにいくのだろうか・・・





翌日花が開いていた。
小さいながらもクチナシのような強い香りを放つ。
やはり真っ白な花

あの紅色はどこにいったのだろうか・・・
よくよく見る。
やはり表は真っ白だった。
裏からのぞいてみる。
・・・・・・ここにあった。
ひとすじの紅色が残っていた。





何年も毎年咲いていた小さな白い花
蕾と裏に紅色をのせた白い花


大人の夏休み

| 2019.08.21 Wednesday

「大人はダメですか?」
キッズ教室へ、時々そんなお問い合わせを頂く。


「大人の夏休み」
そんなワークショップがあってもいいなと思う。
子供のころ、夏休みは長い長い特別な時間だった。
その感覚は今も残り、夏は他の季節にはないどこか楽しい気分になる。





夏休み、友人宅へ「私の栗太郎を作ろう!」出張ワークショップ
さてさてどんな時間になるのかな。





初めて使う栗で染めた和紙
よって紐にする。
くるくる巻いてマロンクリームにする。
美味しそうな栗色になったかな。





「好きな小物を作る。」
自分で考える。
色を選ぶ。
形にする。
・・・急に静かになって、それぞれが自分の世界

出来上がった作品を写真撮影
・夏だから
・リゾート気分でリラックス
・大好きなものだから
それぞれの創造の世界に感動!
自分で考えて、表現するってすばらしい!!







ワークショップを終えて、贅沢にもご主人お手製のお蕎麦を頂く。

大人の夏休み
気分は子供に戻ったように・・・


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 94ページ中1ページ目