花束

| 2019.03.25 Monday

ある番組がきっかけで出逢った中学校の先生
和紙スイーツを授業で紹介して下さった。

嬉しくて封筒に和紙を入れてお便りをした。
先生と生徒さんから感想のお便りが届いた。
その後も先生と温かなやりとりが10年以上続いていった・・・





和紙スイーツの展示へもよく足を運んで下さり、会場にはいつも先生からの花束があった。
遠方での展示会場で、その花束に何度も励まされた。

先生は教頭先生になられ、校長先生になられた。
生徒さんとのやり取りのご様子は、いつも生き生きと輝くようだった。

今月、ご退職なのだと知る。
先生からどれだけたくさんの花束を頂いてきたのだろう・・・





和紙で作った小さな花束を添えて・・・

先生もまたお花が大好きだったのだろうか。
今週末には桜も見頃になるようで。
たくさんの生徒さんを見送ってこれられた先生

ご退職の日は、きっと優しい桜色に包まれて・・・





卒業

| 2019.03.21 Thursday

卒業式
最近見かける制服姿や艶やかな袴姿
キラキラとした空気もまとうように。
もう卒業式にはほど遠いけれど、3月になると今も大きな区切りを想う。





ずいぶん長い間手つかずだった箱。
箱も記していた文字も、かなり古くなっていた。
いよいよ処分しようと箱を開ける。

OL時代ウィンドーを飾った紙人形
入学式、ウェデイング、人魚姫にシンデレラ・・・
季節や物語を重ねながら必死で考え飾った空間

たくさんの桜を作ったんだなぁ・・・
「ピンクと薄紫が4:1の割合で」というメモもあり今は微笑ましい。





卒業式の女学生
洋紙、和紙、友禅紙にクレープ紙・・・
どうでどうやって選んできたのだろうか。
きっと試行錯誤しながら、一生懸命作ったのだと思う。





どの作品も迷わず「紙」だった。
当時、作品を作りながら、こういう道もあったのではと心大きく揺れた。
長い時を経て、いくつかの道を巡り今もまた紙。


3月はいつも卒業を想う。
慣れた場所を去るのはさみしいけれど、きっと新しい景色が見えてくる・・・
心晴れやかに、次へと歩む。

愛おしき卒業

甘い香り

| 2019.03.01 Friday

1週間ほど前、大きな梅の枝を室内に飾った。
たくさんの花が甘い香りを放つ。
毎日やわらかな気持ちになる。

先端には雪のような丸い蕾がたくさんついていた。
咲くのかな・・・と少し心配しつつ。





数日前から蕾が少しピンクみを帯びてきた。
気づくと小さな花が、ふわんとほどけるように先まで咲いていた。
蕾がひらいた・・・嬉しいな。

一方で、咲いていた花が床にポトポト落ちるようになった。
床の花は日に日に増えていった。
その姿もまたいいな・・・と今はそのままに。





表情が愛らしく、毎年キッチンの棚に飾っている小さなお雛様
梅の花の下もいいのかな・・・とちょうど昨日移動したところだった。

朝見るとそこにも梅の花びらが落ちていた。
なんだかほんわか楽しい感じ。





今日から3月
心も春めく季節になって・・・

<< 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >> 97ページ中9ページ目