和紙の花

| 2017.03.30 Thursday

和紙作家・佐治直子氏の「和紙の花」
ご自身で漉かれた和紙
考案された花のデザイン

紙の手しごと教室「和紙の花」
和紙を切る。
染める。
組み立てる。





型紙も下書きもない自由な形
クチナシで染めた自然の色
和紙が色を吸っていく。
乾かしてまた形作る。
どんな形も受け止めてくれる・・・佐治さんの優しい和紙





窓からの光こぼれる明るい教室
やわらかな空気
和やかな会話


 


一人一人ちがう花
それぞれの和紙の花
光に透けた感じもきれいだな。


「手でちぎっても、いいですか?」
「シワをよせても、いいですか?」
「茎の色を白に変えても、いいですか?」 
感じたままを手にのせて、自由に作れることがとても嬉しい。





すっと細い茎をグラスに立てる。
一輪挿しが良く似合う・・・
なにか物語りが始まりそうな、和紙の花


佐治直子氏「紙のてしごと教室」
ギャラリー ドゥ・セーヌ八事

柳緑花紅

| 2017.03.21 Tuesday

トン、はらり・・・
淡い色に染められた白餡が、一瞬でそぼろになって出てくる。
その静かな様子もまた、和菓子作りならではのよう。




 
淡い緑と、淡いピンク
優しい春の色
季節の和菓子教室
餡をそぼろにした、きんとん製の和菓子を作る。




 
「柳緑花紅」(りゅうりょくかこう)という言葉の紹介があった。
柳は緑 花は紅
自然のままに、人の手を加えられていないことのたとえで、
柳は緑色をなすように、花は紅色に咲くように・・・
ありのままの美しさを受け入れる。
言葉そのままの意味の奥に、深いものを思う。


2色のそぼろをつけていく。
なんでも自分でやってみると、なかなか難しい。
つけ終わって、きんとんがパラパラと残る。
この様子もまた素敵だな。
はらはら風に舞うようでもあり・・・



柳緑花紅
春の美しい情景を表す言葉でもある。

季節を運ぶ和菓子たち
優しいピンクに桜を想う。


軽やかに保つ

| 2017.03.17 Friday

お砂糖で作る甘い世界
華やかな夢のような空間
「Honey potシュガークラフト作品展」




 
ひとつひとつを染めた華やかな色
ひとりひとりの想い溢れる作品たち

作品ごとに1枚の和紙が添えられている。
作品に合わせたそれぞれの色
軽やかに作品に寄り添い、手でつくられたその形を保つ。






 


洋菓子の世界と典具帖紙
布とはちがうその表情
素敵な使い方に嬉しい気持ち溢れていく。


「3月の春と4月の春は、そのテーマが全くちがうのです。」
そうおっしゃった先生
3月の今ならではの菜の花
皆の笑顔を誘う、愛らしい土筆
洋菓子とは異なる空気を放つ、和の作品たち





菜の花作品の下には、想いの和紙が。
楽しい丸い模様
そこから透けて見える色
作品からつながり、菜の花畑広がるよう。

日に日に春に近づく時
心も花開き、優しい花々で埋まっていく・・・


~3/20(月・祝)まで
Honey pot 第8回シュガークラフト作品展
文化フィーラム春日井ギャラリーにて



<< 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >> 70ページ中9ページ目