| 2019.01.30 Wednesday

地下鉄を降りて、長い地下道を歩く。
時々通る道





その入口で、なぜか急に今までのことに想いめぐらせた。
好きなことを続けてこられて
好きなことでたくさんの方に出逢えて
本当に幸せなことだと。

地下道にあるお店を眺めながら歩く
ぼんやりと思いめぐらせながら・・・

ドン!
人とぶつかった。
お互いに同じタイミングで、「すみません!ごめんなさい!」と同じことを言った。
一瞬笑顔を交わす。
ぶつかったのに何だか嬉しい気持ちになった。

急に現実に戻ったようでもあった。





地上に出る。
今は葉も花もなく、枝の形がよく見える。
何の木だったかな。
たしか桜も数本あったような・・・


用事を済ませ、また同じ道を戻る。
空もきれいだし、帰りは久しぶりに地上を歩く。

違う道はいつもと景色も違う。
小さな発見がいっぱい。
違う道を歩くのはいいな。





しばらく歩き、地下に降りる。
明るいところから急に真っ暗な階段
降り始めると、上がって来た方が自然に進路を譲って下さった。

地下道入口にある飲食店は、行きと同じように混んでいた。
改札をくぐり地下鉄を待つ。

短い時間の往復だったけれど、何だか小さな旅をしてきたようだった。
想いめぐらせた日常

折形~節分~

| 2019.01.29 Tuesday

折形(おりがた)
良い人間関係を作るために
金品を贈る時、和紙で品物を包むー

礼の気持ちを表した日本古来のたいへん美しい文化
昨年から習う機会を持ち、その想いに触れては毎回感動している。

今月は「節分」の折形
習ったものを自宅でも折ってみる。
和紙を折るごとにできるその陰影もまた美しい。





一枚の平面の紙が、折ることで形になっていく。
立てて飾ることもできる。
実用でもある。
美しいデザインでもある。
すごいことだなぁ・・・と思う。





赤い鬼と白い鬼
中に包むのはもちろん豆

小さなサイズでいくつか折ってみた。
そこに小袋サイズの豆を入れる。
ちょっとぷっくりしているけれど、それもご愛嬌
ヒイラギも添えてみる。





これから家族や友人に贈ろうと思う。
季節の小さな贈り物
贈る側も嬉しい気持になってくる。

紙と季節と贈り物
きっと大好きなことなのだと思う。


和紙スイーツカラー(3)(4)ビターショコラ&ミルクショコラ

| 2019.01.24 Thursday

バレンタインを前にショコラが華やぐ頃
ビター、スイート、ミルクなど、ショコラの色は様々な茶色





色幅の広い典具帖紙の茶色
いつも苦労しながらショコラ色を探し、合わせていた。

濃い茶色はビターショコラ、明るい茶色はミルクショコラ
和紙スイーツカラーに2つのショコラ色を染めて頂いた。





透けるほど薄い和紙は、その2色を重ねるとまた違った茶色ができてくる。
ビターを2枚にミルクを2枚
ビターを3枚にミルクを1枚
その組わせ方で、生まれるいろいろな茶色





重ねながら、好きなショコラの色を探る。
楽しく、悩ましく。
今度の1日教室でも、この色作りをお楽しみ頂く。






味を重ねながらのショコラ色
どんなショコラが生まれてくるのかな。

和紙スイーツ1日教室「バレンタイン・ショコラ」

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 88ページ中2ページ目