それぞれのアイス

| 2011.07.08 Friday

 蒸し暑い日が続き、アイスクリームが似合う季節です。

アイスクリームは色も味もいろいろ。
見ているだけで楽しくなります。


DSC_2144JKロゴ.jpg


只今、アイスクリーム作品をいろいろ制作中。
身近な方に「お好きなアイスは?」とお尋ねしては、それを一つづつ作っています。

お好みは本当に人それぞれ・・・。
一番お好きなアイスを皆さん笑顔で即答されます。

「ストロベリーアイス」、
「チョコミント」、
「オレンジシャーベット」・・・などなど。

時々同じアイスが重なると、2番目もまた即答!
中には「モナカアイス」と答える方もみえ、そこから懐かしのアイスの話に花が咲い
たりして・・・。

作品の向こうに人が見えると、作る楽しさが何倍にも広がるようです。


実際のアイス以外にも、大切な人を浮かべて作ります。
モンブランが好きなあの人に・・・。

DSC_1818 (2)ロゴ.jpg



素敵な和紙工芸作家さんが漉かれた、とてもチャーミングな模様の和紙。
ストロベリーアイスのように見えて、色を合わせて作りました。

DSC_2146ロゴのコピー.jpg



アートをご縁に出逢った方と再会し、何とも愛らしい「まゆ最中」をお土産に頂きました。
上品な薄紫色に、繊細な凹凸模様・・・。
そこからイメージしたアイス。

DSC_2177ロゴ.jpg


人と重ねながら、一つづつ増えていくアイスクリーム・・・。
たくさんそろったら、そこからまた会話が生まれるのかな。

見るのも、食べるのも、作るのも楽しいアイスクリームです。


今年の夏の和紙スイーツ教室は、アイスクリーム。
機会がありましたら、目に涼しい和紙スイーツアイスをお楽しみ下さいませ。

夏の和紙スイーツ教室ご案内

お菓子を贈るように

| 2011.06.25 Saturday

私にとってお菓子作りの大きな楽しみは、「贈る楽しみ」です。

贈る方の顔を浮かべながら、お菓子を選び、そこに季節や色を重ねていくのは
とても豊かで楽しい時間・・・。
お菓子を通して、想いも届くと良いなと思います。


「誕生日のお祝いに・・・」と、作品のご依頼を頂きました。

素敵な大人の女性へのお誕生日プレゼント。
ご希望の色はオレンジやピンクの甘い色。

想いのままに一つずつスイーツを形にし、そこに花やフルーツをちりばめていきます。


DSC_1623M10ロゴ.jpg


その方のお好きなスイーツは、意外にも(!?)ソフトクリーム。
作品の中に小さく忍ばせました。





スイーツに色や季節を重ねていく作業は、本当のお菓子を贈る時のような楽しさです。

大好きなソフトクリームはどんなふうに見つかるのかな・・・。
そんな場面も想像しながら、ひとつひとつ花やスイーツを重ねていきます。

贈る楽しみは、想いが届く楽しみでもあります。

キウイの窓

| 2011.06.17 Friday

ところどころに穴のあいた和紙を窓辺に吊るしたら、穴からいろいろな色が見えてきました。

木々の緑や、薄曇りの空の色、紫陽花の紫がちょうど覗いたり・・・。
風で揺れる度に見える色が移り変わり、ゆらゆらと楽しい光景です。


DSC_1775縦M10.jpg


しばらく眺めていたら、丸い形とグリーンがキウイフルーツのように感じました。
この窓から、和紙で作ったキウイを覗かせてみたいな・・・。


制作前に、まずは実物を切って観察。
キウイは毎朝のように食べているのですが、よくよく見ると細かな色とデザイン。
自然のデザインは本当に神秘的で美しい・・・。


DSC_1681.jpg


中心は白に近い薄緑、放射状に伸びた白いすじ、周りは少しくすんだ緑色。
タネはよくよく見ると、しずく型。
真っ黒ではなく、こげ茶に近い色。


白いすじは、和紙をひも状にして先端を広げたような形かな。
周りのくすんだ緑は、抹茶色にも近いかな。
タネは先をとがらせて。
まだまだ数が入りそう・・・。

和紙って、形と色が同時に作れてすごいな。


DSC_1712S20M10ロゴ.jpg 


作りながら別の窓を見ると、楕円の形がキウイ丸ごとのよう。
次は皮のままを入れてみようかな。
・・・皮の色は何色なんだろう・・・緑、茶色、黄土色・・・?
また観察しなくては。

自然と和紙からは、いつも刺激と発見をたくさんもらっています。

<< 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 >> 91ページ中84ページ目