展示会場から「ぎゃらりい木屋・15周年記念企画展」

| 2011.09.02 Friday

夏の終わりと秋の空気が重なり合う中、ぎゃらりぃ木屋さんの15周年記念企画展が始まりました。
木屋さんは外からの風が吹き抜ける、ぬくもりのあるギャラリーです。

今回のテーマは「手から生まれる」。
約35名の作家さんの合同展です。
入り口にはオーナーの手から生まれた、大らかな文字の看板が飾られています。

DSCN1057.jpg



DSCN1067.jpg

会場は温かな作品で溢れ、15周年をお祝いするよう・・・。
陶芸・ガラス・木工・鉄・織・布・鞄・花・・・と本当に様々な分野にも関わらず、
空間と作品、作品と作品が手をつなぐように調和しています。


DSCN1078.jpg

和紙スイーツを和の空間に飾るのは、今回が初めて。
素敵なスペースを頂いて、私もまたお祝いの気持ちを込めて賑やかに飾りました。
華やかな空気が添えられるといいな・・・。


たくさんの作品で埋めつくされたギャラリーは楽しさでいっぱい!
入り口では、鉄のオブジェがお出迎え。
木工作家さんによる、楽しい「糸のこパフォーマンス!!」
電動糸のこで、あっという間に切り取られた、小さな小さな木の犬にビックリ!!

DSCN1059.jpgDSCN1047.jpg
DSCN1084.jpgDSCN1092.jpg
DSCN1070KN.jpg

今回展示のご縁をつないで下さった、光の切り絵作家・酒井敦美さんの作品コーナー。
やはりオーナーの手から生まれた「特設会場」と手作り看板。
中に入ると驚きの世界が・・・。

展示鑑賞と共に、もう一つは楽しみがお買いもの。
洋服、バック、ショール、アクセサリーなどもたくさんあり、女性には嬉しい展示会です。


DSCN1028.jpg

ギャラリーの掛け時計が6時をまわると夕暮れに・・・。
秋の空気がギャラリーに流れます。

DSCN1045KN.jpg

明りが灯った街並みもまた素敵・・・。

展示はこれから約3週間、9月25日(日)まで続きます。
街並みを歩きながら、手から生まれた愛情あふれる作品を楽しんでみませんか・・・。


~9/25(日)まで
「ぎゃらりい木屋・15周年記念企画展」ご案内

 

寄り添う ~展示を終えて~ 

| 2011.08.08 Monday

展示を終えた翌日は、ぼんやりと夢の余韻を感じながらも
どこかその向こうを見ているようです・・・。

加納登茂美・恒ご夫妻の「和の紙」会場は、最後まで温かな空気に包まれていました。
暑い中、足を運んで下さった皆様に心よりお礼申し上げます。

DSC_3006M10.jpg


「和紙に寄り添いながら作品を作っている・・・。」
そう話されたご夫妻の言葉が心に響きました。

寄り添う。

ご夫妻が寄り添っているのは、和紙だけではありませんでした。
おみえになるお客様一人一人に寄り添い、優しくお話しされている。

寄り添ってもらうと、心は嬉しい。










DSC_3020M10.jpg

そんな想いで作られた和紙も、きっと嬉しいと思う。
だから和紙もまた、優しく人に寄り添ってくれる・・・。



DSC_3088.jpg

会場に置かれていた、素敵なメッセージ。
~ 夢見るDNA ~



DSCN0517.jpg

天井から吊るされた明りアートはらせん状・・・。


作品から感じる想い。
その向こうにある、作り手の想い。
和紙を手にとって下さる方々の想い・・・。

いくつもの想いを感じて、またその先へ・・・。

顔が見える喜び

| 2011.08.08 Monday

「合格点でしょうか・・・?」

「百点です!!」




数年前、個展をしたノリタケの森ギャラリー。
ギャラリーの下は素敵なレストラン。

「会期中にカフェで食べられるケーキを作品にして、会場に飾るというのはいかがでしょうか?」
そんな私の提案を、レストランのシェフは快く受けて下さいました。

見本に頂いたケーキは、優しい甘さで心もゆったりしてくるような味・・・。
シェフのお人柄そのままの美味しさです。
実物を見ながら、心を込めて和紙スイーツ作品へと仕上げました。

個展会場に来て下さったシェフから、完成した作品へ頂いたのが何とも嬉しい冒頭の
お言葉でした。


先日、久しぶりに訪れたレストラン。
そこへシェフが出てきて下さり、大感激・・・。
変わらず大らかで素敵なシェフ。
お話しているだけで楽しく嬉しくなってきます。
華やかなデザートを頂きながら、甘く幸せなひと時・・・。


「恐竜のシュークリームを作ったんですよ。」と、シェフ。

「恐竜のシュークリーム!?」

今、ノリタケの森では「恐竜コレクション」というイベントを開催中。
見ると森内のあちこちに恐竜の姿が・・・。

DSC_2814.jpg



DSC_2831.jpg



DSC_3036.jpg 

そしてカフェではシェフの力作「恐竜クッキー・シュー」

見ているだけで楽しくなってきます。
しっかり焼かれたシューの中には、美味しいクリームがいっぱい。
頂きながら何とも幸せな気分です。

ここでもふんわり優しいシェフの味。
作った人の顔が見えるって、本当に嬉しい。
美味しさが何倍にも膨らむよう・・・。

いつかまたシェフのケーキと一緒に展示ができるといいな・・・。



~9/4まで「恐竜コレクション」
ノリタケの森

<< 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 >> 85ページ中75ページ目