「僕の材料を買いに」 記:栗太郎

| 2010.11.05 Friday

こんちには。
栗太郎です。

もうすぐ僕は作品展へ出るんだ。
だからそろそろ身だしなみを整えておこうと思った。
こう見えても僕は意外とおしゃれなんだよ。

鏡を見て・・・驚いた!

自慢の栗色の肌が薄くなっている・・・!!

僕は「典具帖紙(てんぐじょうし)」という和紙でできている。
典具帖紙はとても薄い和紙なんだ。

僕は時々、美紀さんのお友達と会って挨拶をする。
その時、皆決まって僕をなでてくれる。
・・・どうやら僕はなでられ過ぎたようだ・・・。

でも僕はあわてない。

だって典具帖紙は、補修ができる優秀な和紙なんだよ。

ねえ、美紀さん。

「えっ!?」

「行く行く!!僕ずっと行ってみたかったんだ!」

僕は美紀さんと、僕の材料を買いに行くことになった。



ここはいつも美紀さんが和紙を買っているお店。
「紙の温度」っていうんだ。
今度の作品展の会場はここなんだね。


うわぁ・・・広いなぁ!!
たくさんの和紙が、色の渦みたいだ。
すごい!すごい!どこから見ようかなぁ。

美紀さん、僕の和紙選んでね。

「えっ!?」

「僕が自分で選ぶの!?」

「そんなの無理だよ!!]
「僕は今日ここに初めて来たんだよぉ!」

「ねえ、美紀さん!」

「美紀さんってばぁ!!!」




「・・・・・。」




・・・行っちゃった・・・。

・・・美紀さんは優しそうに見えて、実は厳しい・・・。


僕、ちゃんと見つけられるかなぁ・・・。

和紙ってたくさん種類があるんだな。
見た感じも、触った感じも、色も厚さもいろいろなんだ。
でもみんな僕の仲間だね。

どの和紙なのかなぁ・・・。

これは似た色だけどちょっと違う・・・。
DSC_6293.jpg

これも違うなぁ・・・。

どれなのかなぁ。

僕の和紙、どれなんだろう。



そうだ!高いところから見てみよう。


あれ?
あそこの棚、いつも僕が見ている和紙に似ているよ。

あったぁ!!

これこれ!
僕の和紙、典具帖紙だよ!!
これでもう安心。

・・・でもなかった・・・。

茶色だけでこんなにあるんだぁぁぁ・・・。

そういえば、美紀さんがいつも言ってたな・・・。
その時々で、できる色が違うって。
和紙との出会いも一期一会なんだって。

1枚選ぶだけで大変なんだなぁ・・・。

でも僕は自分で選ぶんだ。
これかな・・・。
これでいいのかな・・・。
よし、これに決めよう!!


「美紀さ~ん、決まったよぉ。」

「僕、自分で選んだんだ。
大変だったけど、自分でやるって楽しいね。

それからね、僕は今日たくさんの和紙の仲間と話したよ。

僕も同じ和紙で出来ているんだって言ったら、みんな驚いてた。
でもみんな優しくて温かかったよ。」



僕はますます僕の材料を好きになった。

今日は嬉しかったな。

僕の材料の和紙、とっても素敵な紙なんだね。





紙の温度HP
和紙Sweets展ご案内

紙の温度さんに許可を頂き、撮影しております。

和紙の魅力「光と影」

| 2010.10.24 Sunday

この時期になると、リビングに温かな光が差し込んできます。

制作中の作品や和紙に光が当たると、急にキラキラと輝き出すようで
その美しさにふと見入ってしまいます。

光の力は本当にすごい・・・。
私が使用している和紙・典具帖紙はとても薄いので、その影もまた薄く、
美しく感じます。

光と影の魅力を感じるようになったのは彼女との出逢いからでした。

光の切り絵作家の酒井敦美さん。

彼女の作品は光と影の世界を行き来し、驚きと共にその奥に広がる物語を感じて・・・。
もうすぐ酒井さんの作品展があり、とても楽しみです。



私にとっては典具帖紙1枚が、光と影のようです。
DSC_7043.jpg

黄色の和紙は光のよう。
グレーの和紙は影のよう。

作品に重ねると光と影を作ってくれます。

これからも和紙と共に、光と影を感じていきたいと思います。

和紙の魅力 「薄さ」

| 2010.10.12 Tuesday

 秋の空気が色濃くなってきました。

店先には色とりどりの葡萄が並び、見ていると様々な色合いに魅了されます。
その色は幾重にも奥深く・・・。


私が作品に使っている和紙は、「典具帖紙」(てんぐじょうし)という、透けるほどに薄い和紙です。
その厚さ、約0、03mm。

その薄さのおかげで、水彩絵の具を重ねるようにいろいろな色が作れます。
和紙の色も単色から多色、グラデーションまで様々。
1枚の和紙がひとつの作品のように美しい色合いです。

重ねると色が濃くなり、また混ざり合うことで微妙な色合いが生まれる・・・。
作品作りの一番魅力的なところかも知れません。


只今、来月の個展に向けて「葡萄のケーキ」を制作中。
本物の葡萄を3種類並べて、感じた色を重ねながら作っています。

紺色だと思った葡萄は、もっと黒かった。・・・黒を入れてみる。
レッドグローブは、赤紫?赤?熟し加減で色も違う・・・。根元には黄緑も見える。
黄緑色の葡萄は、薄緑、黄緑、緑、黄色を重ねて・・・。

自然の色は1色じゃない。
その奥深さを感じながら、薄い和紙を感じるままに1枚づつ重ねて色を作っていく。


重ね方で思いがけない色が出来ると、いつも感動してしまう・・・。

典具帖紙ってすごい。

和紙ってすごい。

<< 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 >> 94ページ中93ページ目