僕の色(5)記:栗太郎

| 2021.10.03 Sunday
この前、ミキさんがマロンクリームの色を染めていた。
僕も最終チェックをした。
まあまあの色だった。
でもね、僕はすごい染液を持ってるんだよ。
それは前にカノウさんからもらった「栗のイガの染液」
大事に保存してたんだ。




僕はまた和紙を染めてみることにした。
染液を塗って乾かす。また塗って乾かす。
そのあとにバイセンして、水洗いもするんだ。
水に浸かった和紙の色もきれいだなぁ。
とっても手間がかかるけど、面白いよ。


 


明るい色、濃いめの色、深い色・・・
いろんな色ができた。
マロンクリームだって、栗もいろいろ種類があるし、混ぜる生クリームの具合で明るさも変わるんだ。
だから出来た色はみんないいと思う。




僕のマロンクリームは、フランス産の栗の色
この色は、和栗のモンブランみたいだよ。
自然の色が和紙に染まるって、すごいね!!


夏の色は鮮やかに

| 2021.07.26 Monday

夏の色は、鮮やかに。
アイスクリーム用の和紙を染める。
濃いめの黄色へと、ポトリと一色






ピンクの和紙、黄色の和紙
一枚は2色で遊んでみた。
楽しいアイスができるといいな。




裏打ち

| 2021.07.15 Thursday
手はすごいね。
優しくも、力強くも、感じることも。




本紙の裏面に、紙を貼り付ける「裏打ち」
最近は自分でやるようになり、糊のこと、刷毛のこと、和紙のこと試行錯誤

小原和紙工芸作家の加納ともみ・ひさしご夫妻に、豊かに教えて頂く。
糊の刷毛、接着の刷毛、和紙を撫でる刷毛
優しい動き、力強く早い動き、ゆっくりした動き
その時の、その手の動き




刷毛に触って硬さを感じる。
糊の濃度を確かめる。
それぞれの、その意味の。
直に感じるって、すごいね!!





<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 20ページ中4ページ目