ひかり

| 2018.01.26 Friday



熱田神宮
高い鳥居を見上げると、いつも清々しい気持ちになる。
何度も何度も歩いた道
澄んだ空気のせいか、今日は目に映るものが新しく感じる。

見上げるとつららが。
青空に映えて美しいな。





溶けてポトポトとはじく水滴
光に当たりきれいだな・・・
光の姿も見えてくる。





四季桜が咲いていた。
枝には枯れて落ちた松葉がぶら下がっている。
ゆらゆらと風に揺れる姿が、かんざしの様に見えた。





帰り道、美しい木漏れ日にカメラを向けた。
また光の姿が見えてくる。
撮った写真を見てハッとした。

ふり注ぐ光は虹のようだった。
羽根のようでもあり。
五色の帯のようでもあった。






≪前の記事 器の幸せ