トークって、近い。

| 2020.02.13 Thursday

透けるほどに薄い和紙「典具帖紙」
向う側の木がよく見える・・・





昨日、CBCラジオ・レポートドライバーのコーナーで、和紙スイーツを取り上げて頂きました。
レポーターの方が和紙スイーツを言葉で伝えて下さる。


ショートケーキにのった苺
カットしたの断面の濃いところ、薄いところ
チョコチップクッキーにアーモンドクッキー
薄い焼き色に、こんがり焼けた色、きつね色・・・





誰もが知っているスイーツから言葉を紡ぐ。
声からは色も形も見えないけれど、頭の中でそれぞれのスイーツが広がっていくんだな・・・


色の違う何種類もの薄い和紙を並べた。
オレンジ色、少し赤みのオレンジ、黄みがかったオレンジ、キツネ色・・・
ひとつひとつの微妙な色を丁寧に言葉にされる。





和紙スイーツのクッキー作りも体験された。
好きな4枚の和紙を選んで重ねていく。
選んだ色、その重ねる順番で生まれる色は無限。





見えない製作過程を言葉で伝える。
典具帖紙も和紙スイーツもほとんどの方が知らない。
そんな中、丁寧に一生懸命伝えて下さる姿に感動・・・

「こんがりバタークッキー」のイメージで和紙をセレクト
最後にチョコレートの線描き模様で飾っていく。
クッキーの大きさは6cmくらい、厚みは0.5cmくらい。
巾3cm、長さ30cmくらいのチョコレート色の和紙をねじって紐にする。
出来た紐の太さは1mmくらい・・・
そうか、大きさもきちんと伝えていくんだな。

それをクルクル巻きつけて・・・
とっても美味しそうなクッキーが完成!





\トークって、近い。/CBCラジオ
なるほど!
見えないから遠い。
でも想像の世界はとっても広くて、自分の中にある。
だから近い。
それぞれの頭の中で、美味しいクッキーができていくんだね。

レポートドライバー山本衿奈さんブログ
「和紙でできたスイーツ!?」



甘い四角

| 2020.02.03 Monday

バレンタインのチョコレートが賑わう頃
和紙スイーツのバレンタイン・ワークショップ
光沢のあるチョコレートに、マットな質感の和紙が良く似合う。





いろいろな茶色
明るい茶色はミルクチョコ
濃い茶色はビターチョコ
組み合わせるとまた新たな色も生まれてくる。

和紙で模様をつける。
紐にしたりちぎったり・・・見本にない形がたくさん生まれてくる。








それぞれの形
お花、プレゼント、カリッとナッツ、楽しい渦巻き・・・
小さなショコラの豊かなカタチ
甘い想いのカタチかな。





かくかくキラキラ

| 2019.11.17 Sunday

透けるほどに薄い和紙「てんぐじょうし」
オーロラという名前の美しい染め
深い青、水色、緑、黄緑、黄色・・・
斜めになったグラデーション
切り取る度に、1枚1枚違う色





四角い形をいくつか作る。
同じ作業も、作る度に違う色の四角になって面白い。
色が重なり、また新たな色が生まれてくる。





できた四角を積んでいく。
光が当たって和紙が光る。
かくかく
キラキラ 
どんな形ができるかな。





<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 30ページ中1ページ目