折 形 

| 2018.09.13 Thursday

折形(おりがた)
良い人間関係を作るために
金品を贈る時、和紙で品物を包むー

礼の気持ちを表した日本古来のたいへん美しい文化
この春から習う機会を持ち、その想いに触れては毎回感動している。

今月は粉包み
中に入っているものをシンボリックに外の折りに表すー
見ただけで何が入っているのかがわかる。





もうそれを聞いただけで、感動してしまった。
一つずつ、何が入っているのか先生からのヒントを元に皆で考える。

おめでたい時のお赤飯に添えるもの・・・
赤い香辛料
角のような形が表わすものは・・・





粉が包めて、デザインもある。
試行錯誤していろいろ考えたのだろうか・・・
機能を兼ねたデザインに、また感動する。


最後に教えて頂いたのは、四方紅という和紙を使ってー
四方を紅で縁取ったお菓子や鏡餅をのせる和紙





愛らしいうさぎの粉包み
それはお月見だんごにかける「きな粉」を包むもの。

もうすぐお月見
さっそく四方紅を求めた。

いくつか折ってみたいと思う。
想いを込めて贈りたいと思う。





白鳥庭園・観月茶会にて9/22~9/25
「折形」ギャラリー・トーク・ワークショップ


≪前の記事 栗の木の下で 記:栗太郎
≫次の記事 日 常